たんとぽけっと たんとぽけっと
介護生活を、無理なく楽しく過ごせるように、お手伝いさせていただきます。

雑記帳 放送博物館

梅雨を楽しむ

しとしとと雨を降らせる梅雨、
気分も何となくどんよりしてしまいます。


何故でしょうか?

自律神経にはご存知のように
交感神経と副交感神経があります。


内臓の働きや体温調節などの
重要な機能のコントロールをしています。


不安定な天気が続くとイライラし、
ストレスとなり自律神経のバランスが乱れ、
だるさや疲れを
感じやすくなります。


    

【心と体をそう快に!!】

○天気予報をみる

 〜雨〜
 買い物、洗濯、掃除のような家事労働は
 お天気により左右されますので降水確率や、予想気温を

 前もって知っておくだけでもストレスは軽減されます。

 
〜気温の変化〜
 雨のせいで急に気温が下がったり、
 朝夕の気温の差が大きい時の温度調節が
 上着、ひざ掛け、肩掛けを用意するなどで
 事前対策が出来ます。

 〜晴天〜
 戸外に出てお日さまの下で、軽い運動や
 ウオーキングなど体を動かしましょう。

 公園のベンチに座って雨に洗われた緑を
 眺めるだけでもリフレッシュできます。

 紫外線対策を心がけて下さい。

○規則正しい生活をする

 1日3食、栄養バランスを考えてきちっと食べましょう。
 ビタミンやミネラルの多いゴマ、体をあたためたり
 殺菌作用のある生姜、スタミナ食材のニンニクなどは
 薬味等に手軽に使えるので取り入れましょう。

 就寝時間、起床時間をある程度決めて
 1日の生活リズムを整えましょう。
 22時〜2時頃までが人間の体が活性化するために良い
 睡眠時間帯だそうですから、ご自分の睡眠時間を

 プラスして起床時間を決める方法もあります。

○リラックスする

 時間に余裕があるときは好きな音楽を聞きながら、
 半身浴をしてみましょう。
 疲れた体が温まり、楽になります。
 足浴だけでも良いと思います。

    

【雨の日も楽しみましょう!!
 お気に入りの明るい傘をさして、
 一寸おしゃれな雨靴を履いて散歩に出ましょう。
 あじさいの花や、アマガエル、でんでん虫に
 出会えるかもしれません。
    
 懐かしい童謡唱歌がふっと口から
 出るかもしれません。
 
鼻歌まじりで傘をくるっとまわすと
 
昔の映画の主人公になった気分
 (雨に唄えば ジーンケリー)