たんとぽけっと たんとぽけっと
介護生活を、無理なく楽しく過ごせるように、お手伝いさせていただきます。

雑記帳 雛人形

介護食の試食会

21年10月30日、
株式会社ネクサフーズのご協力で
介護食の試食会を行いました。

介護食が初めての方ばかりで
関心を持って参加していただきました。

一般的に介護食は普通食から
すぐに流動食と思われています。

しかし、今は段階的に普通食から
少しずつ軟らかく、食材を小粒化する事で
食の楽しみを
維持する方向に
なっています。

一度ペースト状にした物を再度固めて、
魚の形にした物や、フルーツゼリー、

驚きはおかゆで作ったいなり寿司、
おはぎでした。

目で見て食欲を感じ、舌で味を感じる事で
食事を楽しんでもらうのが狙いです。

そのままでは一寸と思われる物は手を加えます。

例えばペースト状えびクリームコロッケ味は
野菜(じゃが芋、人参、玉葱)を
やわらかく煮て
加えると
クリームシチュウとして美味しくいただけます。

やわらか煮の肉(豚、牛,鶏)と
野菜を合わせることで
肉じゃがも出来ます。

すりおろしりんごは
軟らかく煮たさつま芋とあえると
美味しいおやつになります。

全部を介護食にするのではなく
家族の食事に少し手を加えるだけで、
介護者にゆとりの時間が
生まれると
良いと思います。

今回参加されなかった方も
ご希望があれば再度行いたいと思いますので、
ご連絡下さい。

ユニバーサルデザインフードについてはこちら
日本介護食品協議会HP