たんとぽけっと たんとぽけっと
介護生活を、無理なく楽しく過ごせるように、お手伝いさせていただきます。

雑記帳 放送博物館

「介護者ネットワークの会」研修に参加して

今回は「イギリスの介護支援について」というテーマで
岩手県立大学社会福祉学部講師渡辺道代氏の
講演と
日本の行政の介護者への支援について話し合いが行われました。


イギリスでは介護者支援が法律で決まっており、
介護者とは子供も大人も対象になります。










介護者のコミュニケーションをとる場所があり、
そこでは支援相談、遊び、おしゃべりが自由に出来ます。

子供が障害の親、兄弟の世話をしているため学校に
いかれないような時はその対策もされます。


このような施設が現在300余りあるそうです。

日本には公的にそのような施設はまだありません。

ボランティアによる会は各地にありますが
どこも資金不足、人材不足で月に1回開かれる程度です。


介護疲れから、虐待や殺人、自殺まで起こっています。

何か起きないと動かない行政、
「前例が無い」と、取り上げてくれない窓口、
地域の事は地域で支え合って
いくのは昔からのこと、
でもそれにも限界があります。


障害のあるお子さんの親の不安、
障害者自身の生活への不安、
高齢者独居の不安等、問題は沢山あります。

今、まさに選挙戦真っただ中、介護者支援に
目を向けてくれる人を選びたいものです。

「責任を持ちます」とテレビ画面で大写しの顔の方、本当でしょうか?