たんとぽけっと たんとぽけっと
介護生活を、無理なく楽しく過ごせるように、お手伝いさせていただきます。

雑記帳 クリスマスリースを作る

雑記帳 男性用トイレの手すりについて考える

デパート、美術館や博物館といった公共施設、オフィスビル
などは、新しい機能や新しい設備によってその場所で快適に
過ごすことができるような工夫がほどこされています。


最近の建物にはトイレの便器に洗浄器がついているのは、
もはや当たり前になってきています。


左の写真では、個室の洋式便器の
わきに、はねあげ式の手すりが付いています。

これならば左右どちらか下ろせば
つかまることができます。

使わない人は手すりを上げて
おけば邪魔になりません。

また男性用トイレには女性用トイレと異なり、個室だけでなく
小便器というものが並んでいます。

多くのビルやデパートなどでよく目にする手すりは、下の写真に
あるような固定式タイプのものです。


東京・千代田区の新霞ヶ関ビルのトイレには、他ではあまり
見かけたことのない手すりがありました。

トイレの小便器のわきに可動式の手すりが付いていたのです。

公共の場所の男性用トイレの小便器のところに、このタイプの
手すりが付いているところはあまり見たことがありません。


下の写真がそれです。

デイサービスや老人ホーム、
グループホームなどのトイレで、
小便器が設置されているところに取り付けたらどうかと
考えました。

左右どちらかに手すりが必要な
人は、その必要なほうだけ使う
ことができます。

介助も左右どちらからでも
できます。

手すりにつかまって立つことが
できるので、トイレ介助の
際にも有効なのではないかと
思います。

また、手すりの必要のない人は手すりを上げておけば、用をたす
ときに邪魔になりません。