たんとぽけっと たんとぽけっと
介護生活を、無理なく楽しく過ごせるように、お手伝いさせていただきます。

雑記帳 雛人形

TENA排泄ケアセミナーに参加しました

521日、東京都多摩市にある
パルテノン多摩で行われたTENA排泄ケアセミナーに

参加しました。

TENAというのはスウエーデンにある会社の
排泄商品のブランドです。

福祉国家で知られるスウエーデンでは
寝たきり、おむつ使用の考え方が無く、
ギリギリまで住みなれた家で

自立して暮らす方法がとられています。

そのために、様々な方法がきめ細かく計画され、
支援されています。

住宅改修もその方にあった構造、家具、器具が使われるそうです。(当スタッフ福祉研修参加報告より)

           

日本ではユニ・チャーム メンリッケ(株)から
販売されています。

日本にはない変わった形でオムツというより
尿とりパッドの大きい物という感じです。


セミナーは以下の内容で行われました。

1.東京都総合保健福祉センター「江古田の森」
             業務課長 梶原敦子氏

   「認知症高齢者の排泄ケアの考え方とケアの実際」

2.TENAからのメッセージ
    スウエーデンの福祉

      商品の紹介と使い方

3.施設事例発表
    特別養護老人ホーム「フェローホームズ」(立川市)
             ケアワーカー 関根宏美氏

   「Let
s適時 はばかり!」

4.懇談会


事例発表では半身麻痺でおむつを使用、
ほとんどベッド上の生活、意欲をなくしてしまった男性が
スタッフの
努力でおむつがはずれ、何事にも積極的になり、
現在「サッカーの試合を見に行きたい」という夢に向かって

リハビリを頑張っている報告でした。

         

そこの施設には「排泄を考える会」というのがあり、
TENAのアドバイザーが参加し、検討会がもたれて

いるそうです。

発表者と同行者は若い方達でしたが
おそろいのオレンジ色のTシャツを着て、
とても明るい雰囲気で、声を
かけると
笑顔で答えてくれました。