たんとぽけっと たんとぽけっと
介護生活を、無理なく楽しく過ごせるように、お手伝いさせていただきます。

雑記帳 雛人形

災害時のメンタルケア

.今こそ自分自身のメンタルケアを。

今はまだ地震直後であり、誰でもアドレナリンが
噴出している時です。

こういう時は何かをしたくてたまらなくなりますが、
まずはその自分自身の感覚に意識を向けてみましょう。

細々意識してみることをトラッキングといいます。
自分自身に対するサポートを最初にしてください。
私達が落ち着いているか、不安エネルギーをまき散ら
しているかによって、
様々なことが違ってきます。

. テレビの視聴には気をつけてください。

特にお子様、感受性の強い老若男女の方々、身体が
だるくなったり、ボーッとしたり、涙が出てきたり、

妙な罪悪感が湧いてきたり、不安状態にある自分に
気づいたら、即刻テレビを消すか、
必要なニュース
速報のみが流れてくる全く違う番組に
してください。

テレビで繰り返し繰り返し流される悲惨な映像は、
非常に強い吸引力を持ちます
(とかく最近のメディアは
人々の不安をあおるのが特徴です)。


人によっては催眠にかけられたようにテレビの前から
動けなくなる人もいるでしょう。

こうした映像に何度も何度も自分をさらすことは、
何の役にも立ちません。

私たちが生きていく為に必要な情報が得られれば、
それだけでいいのです。

トラウマの渦の引っ張り込む力はとてもとても
強力です。

サンフランシスコ大地震の時は、繰り返される
メディア報道が人々にもたらすネガティブな
インパクトは
甚大だったといいます。

. 今一番に必要なのは、身の安全を確保することです。

避難場所、食べ物、人々が安全かどうかをチェックすることが優先です。

. そして非常時に最も大切なのは、人とのコミュニケーションです。
人を求めるのは、とてもとても自然なことです。
その時の自分の思いを言葉にして、所属するコミュニティでシェアしたり、 身近な人に伝えてみてください。
もちろん、手段はメールでも構いません。
「メールに書きながら落ち着いてきました。大丈夫です」とおっしゃる方、多いです。

 (追記)
【災害時のメンタルケア】は、トラウマ療法であるソマティック・エクスペリエンスR(SE)の療法家(米国在住)から届いたサポートメールをSEプラクティショナーであり臨床心理士の藤原千枝子とSEトレーニーであり臨床心理士である牧野有可里がまとめたものである。

ブログ「水の反映」からの引用です。