たんとぽけっと たんとぽけっと
介護生活を、無理なく楽しく過ごせるように、お手伝いさせていただきます。

認知症の方とのおはなし

認知症の方とのおはなし第3回

認知症の方とのいろいろな場面を通して、
対話形式ですすめていきます。

認知症の方を
黒字で、聞き手を赤字
表示しますので気持ちを込めて読んでみて下さい。

また、私だったらこんなふうに対応をするなと思われた方は
是非ご意見をお聞かせ下さい。



交通ルール

散歩に出たらなかなか帰ってこない父に今日は付き合う。


「あそこに見える信号が緑色になったらわたろうね」


「どうして?」

「人が歩いても良いですよという合図なの」

「道に白い線が書いてあるところが横断歩道だからここを歩いてね」


「どうして?」

「人が歩くところ、車道は車が走るところだから危ないでしょう」


「私は気をつけて歩いているよ。それなのにぶつかるのはそっちの方が悪い」

「田舎には信号も無いし、車もこんなに沢山走ってないものね」
                
〔コメント〕
明治生まれの方にとっては今の世界はとても住み難いことと思います。
沢山の車、そしてスピード、地方で暮らした方は特になじめないことでしょう。
幹線道路の真ん中をふらふらと自転車に乗っている老人や歩いている老人を目にすることがあります。
悲しい事故のニュースを耳にすることもありますね。



第2回に戻る
第4回に続く